海外利用に関する注意事項

​海外で安全にご利用いただくために

Question

​海外に持ち出し可能ですか?

​Answer

事前にお手続き頂ければ、
海外持ち出し可能機体をご用意します。

​※機体在庫がある場合のみ

弊社が許諾した場合、海外でも適用される、

 対人・対物1億円 まで保障される損害賠償保険付き機体をご用意致します。​​

​※損害賠償保険については、こちら

持ち込み希望の国や地域でドローン飛行に関する法規制や許可が必要な場合があります。

詳細はページ下部をご確認ください。

海外機体は数に限りがある為、事前に在庫のお問合せをお願い致します

在庫の確認後、1営業日以内にご連絡を差し上げます

在庫を確認後、下記オプションをご一緒にお申込みください

国外持ち出し許諾特約

¥980価格

【注意事項】

・海外損害賠償保険対応機体は数に限りがある為、お早目のお申し込みをお願い致します。

​・万が一海外で事故が発生した場合、国内損害賠償保険対応の機体では保険が適用されないため、海外損害賠償保険対応の機体の在庫がない場合はご利用をお断りさせていただきます。

・仮予約はお受けできません。お手続きを完了された方から順の手配となります。

海外損害賠償保険対応機体をご用意します

海外のドローン法規制・許可について

 

法規制により事前の許認可や飛行申請が必要なケースがございます。

お客様にてご利用の国や地域で飛行可能かご確認の上ご利用願います。

国名

アメリカ合衆国

​(ハワイなど含む)

カナダ

シンガポール

タイ

オーストラリア

イタリア

その他の国や地域

飛行ルール

事前にFAA登録が必要です

・個人利用(ホビー)の場合、

 お客様ご自身で、FAAサイトよりお手続きをして頂くか、

 こちらのオプションをお申込み願います。

・商用利用の場合、試験に合格し、証明書を取得する等の条件があります(詳細はFAAのサイトにてご確認願います)

証明書が必要なケースがあります

・一定重量以上のドローンを飛行させる場合、事前にインターネット上の試験に合格した上で、機体登録をする必要があります。

​ 詳細はこちらをご確認願います。

CAASが定める飛行規制があります

・非レクリエーション/非教育目的で無人航空機を操作する場合、オペレーター許可証とクラス1活動許可証の両方が必要となります。

​ 詳細はこちらをご確認願います。

事前の登録・申請が必要です

・タイ国内でドローンを飛行させる場合、民間航空局(CAAT)による、規制 / ルールが存在します。

​ 詳細はこちらをご確認願います。

・上記の他、NBTCへの飛行許可申請を行う必要があります。

登録/申請が必要なケースがあります

・商用でのドローン飛行等、一定の条件で飛行させる場合、事前の機体登録や飛行申請が必要となる場合があります。

​ 詳細はこちらをご確認願います。

ENACが定める飛行規制があります

・イタリア民間航空局(ENAC)により、飛行方法 / エリアの制限があります。

​ 詳細はこちらをご確認願います。

法規制や必要な手続きが異なります

・詳細は各国の情報サイトまたは日本大使館等へお問合せ願います。

​注意事項

飛行には条件があります

・​400フィート(約120m)以下で飛行させること

・視界の範囲内で飛行させること 等

その他の条例・規則等により追加の制限事項があります。

ドローン規制エリアなど、詳細につきましては

FAAアプリでご確認ください。

飛行には条件があります

・他の航空機、ヘリコプター、ドローンの近くを飛行しないこと

・視界の範囲内で飛行させること 等

その他の条例・規則等により追加の制限事項があります。

飛行には条件があります

・200フィート(約60m)未満で飛行させること

・人口密集地域の上空を飛行しないこと 等

その他の条例・規則等により追加の制限事項があります。

飛行には条件があります

・90m未満で飛行させること

・空港から9 km以内を飛行しないこと 等

その他の条例・規則等により追加の制限事項があります。

飛行には条件があります

・400フィート(約120 m)を越えて飛行しないこと

・視界の範囲内で飛行させること 等

その他の条例・規則等により追加の制限事項があります。

飛行には条件があります

・70m未満で飛行させること

・夜間に飛行しないこと 等

その他の条例・規則等により追加の制限事項があります。

法律のほか、条例や規則等で飛行が制限されている場合があります

​・ご利用される国や地域の情報収集をしたうえで、

安全に飛行させましょう。

※ご利用者様の動向に応じて、上記以外の国や地域の情報に関しましても、順次対応予定です。

※情報反映において、確認をしながら進めておりますが、最新の情報等が反映されていない場合がございます。

※最新情報については、お客様ご自身にて必ずご確認をお願いします。

飛行機で輸送する際の注意事項

バッテリー装着済みのドローン本体は、預け入れ・機内持ち込みが可能です。

​バッテリー単体は機内持ち込みのみとなります。

※ドローン本体は預け入れが推奨。

ドローン本体(バッテリー装着済み)

機内持ち込み

預け入れ

バッテリー単体

機内持ち込み

預け入れ

※弊社レンタル品(産業機除く)のバッテリー3本迄を前提としております。

​※航空会社により、一部異なる場合がありますので、詳細は各航空会社までお問合せください。

​レビューキャンペーン

Drone as a Service

ドローン撮影・レンタルなら​「ドロサツ!!」

DJI製品をはじめドローン(drone)のレンタル(rental)は、ドロサツ!!(Drosatsu)にお任せください。ドローンや撮影機材を、お求めやすい低価格で幅広く取り揃えました。
初心者におすすめの
Mavicシリーズから、プロ御用達のPhantom 4 ProMavic2シリーズまでニーズに合わせて様々な機体をお選びいただけます。赤外線カメラや測量用のドローン、太陽光点検ドローンや、検査用のドローン等、産業ドローンも充実。ドローンを初めてご利用される方でも安心していただけるよう、ドロサツ!!では全台損害賠償保険に加入済みの機体をご用意しております。もちろん、追加料金はかかりません。万が一の事故に備えた「ドロサツ!!Care」等のオプション品も充実。長期利用には、月6000円台からの借りっぱなしサービス「ドロサツ定額!!unlimited」がおすすめです。

最短で翌日配達が可能な場合もございますので、お気軽にお問合せください。(一部エリアを除く・在庫状況により、ご用意できない場合もございます)