​ドローン規制について

Civil Aeronautics Law

ドローン規制エリアについて

ドローン規制は、2015年12月10日に実施された「無人航空機(ドローン等)の飛行ルール」についての規制です。
ドローン規制を受けるのは200g以上のドローンとなっております。そのため、お手軽ドローンは全て199g以下であるため、原則としてドローン規制を受けないことになります。
​  概要:引用元:国土交通省HP

規制対象となる飛行方法

夜間飛行

目視外飛行

第三者や物件から

​30m未満の飛行

イベント上空飛行

危険物輸送

物件投下

無人航空機の飛行ルールの追加について

令和元年9月18日より、以下の無人航空機の飛行ルールが追加されました。

飲酒時の飛行の禁止

飛行前確認を行うこと

航空機や他の無人航空機との

衝突を予防すること

他人に迷惑を及ぼすような

方法で飛行させないこと

詳細は、以下よりご確認願います。

   http://www.mlit.go.jp/koku/koku_fr10_000041.html

その他の法規制について

200グラム以上のドローンを対象としたいわゆるドローン規制(改正航空法)以外に適用される可能性のある法令等もございます。(こちらは199グラム以下のドローンにも適用されるものもございます)

特に東京都等で、大多数の利用者がいる事を想定した公園や重要施設の周辺に適用されます。

①各市区町村の公園条例

 主に市区町村(場合によっては都道府県)が条例により、ドローンの飛行に制限をかけている場合があります。

②小型無人機等飛行禁止法

 主に国会議事堂など、最重要施設周辺に規制がされています。

③重要文化財保護法

 重要文化財周辺で飛ばすことが規制されています。

ご利用予定の施設で飛ばすことができるかどうかについては、施設管理者に確認すれば回答してもらえます。

(例「○○市 公園 施設管理者」等で検索すると管轄管理者を確認できます)

海外の法規制について

海外でも国内同様に法規制がある国や地域があります。

国内法より厳重な場合、緩い場合ともにありますので、必ず事前にお調べの上、ご利用願います。

​海外でご利用になる場合は、こちらのページも併せてご確認をお願い致します。

レビューキャンペーン

Drone as a Service

ドローン撮影・レンタルなら​「ドロサツ!!」

dji.jpg

ドローンをはじめDJI製品のレンタルは、ドロサツ!!にお任せください。世界シェアNo.1のDJI製ドローンや撮影機材を、お求めやすい低価格で幅広く取り揃えました。
初心者におすすめの
Mavicシリーズから、プロ御用達のPhantom 4 ProMavic2シリーズまでニーズに合わせて様々な機体をお選びいただけます。
ドローンを初めてご利用される方でも安心していただけるよう、ドロサツ!!では
全台損害賠償保険に加入済みの機体をご用意しております。もちろん、追加料金はかかりません。

万が一の事故に備えた「ドロサツ!!Care」等のオプション品も充実。長期利用には、月6000円台からの借りっぱなしサービス「ドロサツ定額!!unlimited」がおすすめです。
最短で翌日配達が可能な場合もございますので、お気軽に
お問合せください。(一部エリアを除く・在庫状況により、ご用意できない場合もございます)